字を書くこと


千早ぶる 神代もきかず 龍田川
 からくれなゐに 水くくるとは


(在原業平朝臣(17番) 『古今集』秋・294)


朝晩がめっきりと冷え込むようになりましたね。
トレンチコートが大活躍です。
いつの間にか、10月がやってきていて、びっくりしてしまいました。

さて、別名神無月と呼ばれる10月ですが、ある場所だけは「神在月」と呼ばれるのはわりと有名なお話。
あちこちに散らばっている神様たちが、10月には島根県の出雲大社へ会議におでかけになります。
ゆえに、出雲では神様がたくさんいらっしゃるので「神在月」となるわけです。

神様がおでかけなので「神無月」。でも実は、まったくいらっしゃらないわけではないのだとか。
ちゃんと留守番をしてくださる「留守神樣」がいらっしゃるんですって。
なんとまあ、神様の慈悲深いこと。
ありがたやありがたや。

そんな感謝の気持ちを込めて…というわけでは決してありませんが、最近わたしは写経に勤しんでおります(そもそも写経は神道ではなく仏教ですね)。
仏教徒でもなんでもない無神論者のわたくしが、なんでまたそんなことを始めたかといいますと…。
おはずかしながら、わたくし、筆で字を書くのが本当に苦手でして…。
その練習がてら、四字熟語を筆ペンで書く練習をしていたのですが、一向にうまくなる気配がなくて。
これはどうしたものかと悩んでいたら、字のうまい先達が、写経をやってみたら? と勧めてくださったのです。
今、薄墨でお手本が書かれたものをなぞっているだけですが、これがなかなかに…!
難しいのはもちろん、かなり根気が必要です…。そしてもれなく肩こりもついてくるという…(苦)
でも、なんだか筆の扱い方が少しずつ分かってきたような…気が…(しているだけかもしれない)。
とりあえず、筆でお手紙がかけるくらいになるのを夢見て、頑張っております。



スポンサーサイト
このページのトップへ