11月22日のこと(『あたしは魔法使い』より)

窓の外は、氷雨。
思わず身を震わせると、ふわりと背中から抱き込まれた。
伝わる温もりに依子は頬を緩める。
「何で冬に良い夫婦の日なのか、今分かったよ」
正栄が片眉を上げた。
「寒くてくっついてたら、どうしたって仲良しでしょ」
そう言うと、正栄は
「アンタらしい考えね」
と笑った。

#twnovel

(以上140字)


***

11月22日が『いい夫婦の日』ということで、
『あたしは魔法使い』の依子と正栄で。

実はこみとは『番外編』を書くのがものすごくニガテなのですが、魔法使いのこの二人では、結構ポンポン出てくるんですよね。不思議。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ